Javascriptが無効になっているため、正常に表示できない場合があります。

土地を夫婦で買う時 

login

BLOG ゼロはじブログ

ライフプラン

土地を夫婦で買う時 

共有名義にするメリット デメリット

空気が少しひんやりつめたい、そんな朝です。

こんにちは、ガンバル不動産です。
いつも「ゼロはじブログ」をお読みいただき、ありがとうございます。


今日のお話は「共有名義」についてです。


■夫婦の共有名義について


夫婦共働きの場合


マイホームを手に入れるとき現金払いでない限り
住宅ローンを組みます。


それぞれの所得を合算して住宅ローンを組んで
共有名義にする人も少なくありません。 

 

■共有名義とは?


まず、住宅を取得すると、必ず不動産登記をします。
むろん、住宅の所有権を持つ人が名義人です。

ただ、名義人は必ずしも1人に限定する必要はなく、
2人以上で共同所有することもあります。

これを「共有名義」といいます。

■購入資金を出した人が名義人になる

 
通常、不動産の所有権名義人は
購入資金を出した人がなります。



その持分は、各人が出した資金の額に応じて決まります。

 

たとえば、

共働き夫婦が3000万円の分譲住宅を以下の方法で購入したとすると・・

 
・現金1000万(夫500万円、妻500万円)
・住宅ローン(夫1500万円、妻500万円)
・夫分計=500+1500=2000
・妻分計=500+500=1000
・持分=夫2000/3000 妻1000/3000
 

この場合は、名義人は夫が2/3、妻が1/3が妥当です。

■それぞれが住宅ローン減税の対象


住宅ローン減税も


ご主人と奥様が別々に申告できるので
それぞれの勤務先の年末調整で
所得税ないし住民税が還付対象になります。
 

■贈与税の関係

実際に資金を出した人を名義人にしないとどうなるか?


夫婦間であっても贈与税非課税枠110万円を超えた分は
贈与とみなされたりします。
 

その逆で、資金を出さない人を共有名義人にするのも
贈与とみなされますよ。
 

■離婚したとき


共有名義で気をつけたいのは、夫婦それぞれの道を選択されたとき。

マイホームが共有になっているため
ご自宅を「財産分与」することになります。


マイホームの財産分与の方法

●マイホームを売却して現金で分けるか
(1回チャラにする)
●不動産を分けた一方が相手に現金を支払う
(お金を払ってそのまま住む)


最近、この手のお話がたくさんあるそうです。
(日本の離婚率35%!)
 

共有名義は、こんなこともあると覚えておいてくださいね。 



朝からいやなお話でした、すいません。



ガンバル不動産でした!
いつもあなたのそばに。


では!


※税金のお話は最寄りの税理士さんにご確認くださいね