Javascriptが無効になっているため、正常に表示できない場合があります。
google-site-verification: googlee35ebcd5b7508506.html

「失敗」する土地の買い方 教えます!3   ガンバル不動産  

login

BLOG ゼロはじブログ

ゼロはじブログ

土地探しのお役立ち

2020年07月03日

「失敗」する土地の買い方 教えます!3   ガンバル不動産  

土地の失敗する買い方

昨日は、梅雨の合間に袋井の北部エリアに現地調査をしてきました。


住宅会社様からのご要望に沿う物件を
実際に見てきて、ガンバル不動産流の調査シートにまとめます。


時間がかかりますが


住宅会社様にとっても「実際に現地を見ていない物件を紹介されてもねぇ」です。


さて、ガンバル不動産です。


先回まで


現金で土地を購入する人の土地の買い方
住宅ローンで土地を購入する人の土地の買い方


のお話をしてきました。


今回は


住宅ローンで土地を買うときの前準備の話をシェアします。


■土地を決めたら超忙しくなる


必要書類以外の準備も大事ですが
それ以上に大事なのは「時間」です。

この時間を甘く考えていると大変な思いをします。


幸せに暮らすための家づくりが
土地の決済に間に合わすための家づくりに変わります。


ここは注意して下さい。


土地を契約してから、土地の決済までの時間。
この時間ですが決して長くはありません。


1つの目安ですが、基本的には2ヶ月。



売主さんに交渉して、決済までの時間を長くお願いして貰っても3ヶ月が限界です。


この間に


建物を決めて、融資の承認と土地つなぎの段取りをすることになります。


土地を契約した途端に家づくりのスピードが一気に加速する。
これが住宅ローンを活用した土地の買い方になります。


■ハードな2か月


もしも、何も決まってなくて土地を買うと・・・
この2~3ヶ月間は超絶忙しくなります。


住宅会社選びのために
展示場見学、見学会やオープンハウスに参加する事から始まり


いいなと思った住宅会社と


要望のヒアリング 1回
間取りの打合せ  3回
設備の打合せ   1回
資金の相談    1回


こんな作業を数社の会社とするわけです。


1ヶ月は4週、土日は8回です。
2ヶ月だと16回。

この16回で、見学会の参加から住宅会社を決める。
そして間取りに、見積り、最後に契約します。


1社あたり5回打合せするとして
3社に相談すると15回になります。


週末が16回あるとして、そのうち15回も費やします。


ほぼ毎週土日はどこかの住宅会社と打合せって
かなりハードだと思いませんか?


どの家族も家づくりだけをしている訳ではありません。


仕事もあれば
家族との時間
子どものイベント
地域の行事(今年はコロナでないですけど) があります。


全てを家づくりに充てる訳にはいきませんよね。

■土地を決める前に家を決める


理想ですけが


土地を決める前に住宅会社が決まっているのが理想です。
これを「おうちファースト」といいます。


決めるまでも行かなくても、だいたい目星はつけておく。


この状態で土地を契約すると


●時間に急かされない
●じっくり話し合える
●気持ちに余裕が生まれる


という感じで、超絶ハードなはずの2ヶ月が変化します。


時間に追われて家づくりをすると、
判断基準がブレてしまいます。
理想のおうちづくり(自分のため)→ 決済に間に合う家づくり(業者のため)



これでは本末転倒ですよね。
誰のためのおうちづくりかわからなくなります。


「あ~やっちまった」という後悔の原因にもなりますし、
何よりも忙しいばかりで、当事者が家づくりを楽しむことができなくなります。


住宅ローンを使って土地を買う方へのお願いです。
土地を探す前に、理想の住宅会社を探すことから始めましょう。

■まとめ


3回にわけて、失敗する土地の買い方をお話してきました。


失敗の原因は、土地を先に買ってしまうこと

たしかに


土地が無ければおうちを建てられないのですが
土地を探し始める前に「建てたいお家を決めておく」ことをお勧めします。


ここはすごく大事だと思います。



※ おうちづくりと土地探しのご相談はコチラから

ガンバル不動産のメール相談窓口はこちらから!


「住まいには人生を変える力がある!」
磐田のガンバル不動産でした。


では!