Javascriptが無効になっているため、正常に表示できない場合があります。

都市部に家を建てるとき2 お隣さんとの距離について

login

BLOG ゼロはじブログ

おうちファースト

都市部に家を建てるとき2 お隣さんとの距離について

都市に家を建てる時のポイント

日本は資源のない国。
働くことで国力をあげようとするガンバル不動産おおばです。
 

 
都市部で家を建てる時に気を付けるポイントを
もう少し細かくお話しします。


敷地境界からの距離

実は家を建てる時、自分の敷地の中だからといって
好きな場所に家を建てられる訳ではありません。

 家を建てる時はお隣の境界線から50cm以上空ける必要があります。
これは民法民法234条で定められているからです。

では、どこを50cm空けないといけないかと言うと
家の壁からお隣との境界線まで50cm以上確保しないといけないんです。

 
壁芯からだとお隣との境界から65cm〜70cm離れていると
50cm以上は確保できます。

(特殊な工法を除きます)

住宅会社がつくる配置図には外壁と境界との寸法が入っていますので
目安にしてください。

ただ、お隣との距離を50cm以上絶対に離さないといけないかと言うと
必ずしもそうではありません。

民法では、地域柄50cm離さない慣習がある場合
その慣習に従うとなっているからです。

  

具体的には都市部でお互い50cmも離れていない地域なんかは結構ありますよね。


小さな土地に家を建てるので、50㎝空けるとより小さな家しか建てられなくなり
お隣が近いのはお互い様という感じの地域です。

また、お隣の承諾をもらっていればお隣まで50cm無くても問題ありません。

要は


「自分の土地だからと言って敷地目一杯使ってはダメですよ。
周りにも配慮してくださいね」


と実に日本的な法律だと思います。




この話、もう少し続きます。
次回は「室外機」についてです。



磐田市福田のガンバル不動産でした。


では!