Javascriptが無効になっているため、正常に表示できない場合があります。
google-site-verification: googlee35ebcd5b7508506.html

土地の買い時と売り時     磐田のガンバル不動産

login

BLOG ゼロはじブログ

ゼロはじブログ

不動産の豆知識

2020年04月26日

土地の買い時と売り時     磐田のガンバル不動産

土地を買う 土地を売る そのタイミングはいつか?

新型コロナウイルスの猛威が広がっています。
隣町の掛川でも感染された人がいらっしゃるとのこと。


企業も個人も


これまで経験したことのない対応を
求められています。


不動産屋としても


刻一刻と動きが変わる中
適切な意思決定が必要です。


住宅会社の営業さんからの問い合わせが
めっきり減っています。


土地を買っておうちを建てたい人が
様子見をしている、と想像します。


非常事態宣言が出ている以上
「建てたい必要性」はあっても
「建てたい気持ち」は萎えますよね。


新型コロナウィルスの状況のもとですが


今の時期の不動産売買をどう考えるべきか
のお話をしようと思います。


■事実1  磐田の土地価格


磐田市の土地価格を見ると
平成25年(2013年)を基準にすると


静岡県の平均が5.9%下落したのに対して、
磐田市はマイナス8.4%とさらに大きく下げています。


磐田の土地価格

    磐田市の公示地価の推移(令和2年)


年間1.2%程度、ジワジワと下がり続けています。


25年間下がるのを待ちつづければ
土地価格は3/4で買える理屈です。


土地を買うのを待つべきでしょうか?


■事実2 磐田の人口は減り続ける


国立社会保障・人口問題研究所
http://www.ipss.go.jp


今年発表した磐田市の人口の見通しによると


2015年を基準にすると
2025年までの10年間で人口は5,000人減少します。


●事実  磐田市の人口は2025年までに5,000人減少する

磐田の人口


5,000人も人口が減るってあまりピンとこないかもしれません。


旧福田町の人口が10,000人程度だったので
ひとつの集落の半分がごっそりなくなるということです。


若い人も年をとられたひとも
満遍なく減るということなら
「しょうがないよね」で済ますことができるのですが


とても困ることが起こります。


■事実3  市内の30代人口が4,500人減る


磐田の30才人口

    磐田市の30代人口の予測


5,000人も人口が減るということなんですが
30才人口がほぼその中身です。


家を買う中心年代は30才代です。


2025年までに4,500人減るということは
その分の住宅・不動産にまつわる仕事もなくなります。


土地流通を担う不動産業者とおうちづくりを
提供する住宅会社にとっては死活問題です。


■土地の動きはどうなる?


●磐田の土地価格は年々安くなる
●磐田の人口が2015年から5000人減る
●磐田の30才代人口がほぼ5000人減る


このことから、磐田市の動きは、


●実需層の30才人口が年々減っていくので、土地は余ってくる。(買い手市場)
●人気のない沿岸エリアはますます人がいなくなる
●人気のある高台エリアはますます人が集まる


と言えるでしょう。


反対に言えば


沿岸エリアの土地は「選びたい放題」ということです。


■まとめ


●買うなら:下落を待つよりも低金利の今がベスト

磐田市は土地坪単価が10〜20万円の地域が多いので
下落を待つ必要はありません。


その理由は2つあります。


①磐田の土地は回りより安い


土地価格の下落分よりも、待っている間の家賃の方が高くつく
例えば、坪15万円ぐらいの土地であれば、60坪でも900万円程度で買えます。


仮に数年で1割下げたとして90万円ぐらいしか安くなりませんから
その間の家賃を考えると、早めに買った方がトクになります。


②異次元緩和で超低金利


現在は住宅ローン金利が超激安のため
月々の返済負担が軽いのもチャンスです。


ですから


もし家を買おうと思っているのならば


土地価格が下がりきるのを待つよりも
不況になって金利が上がる前の
固定金利で買うのがベストでしょう。


●売るなら:超低金利の今がチャンス


住宅ローンの低金利は、住宅を買う人にとって追い風でした。
この金利はこれ以上下がりようがありません。


経済が不景気になり、金利上昇の局面が想像できますので
低金利のうちに欲しい人(購買意欲がある30才代)に売れるタイミングです。


新型コロナによって買い控えと様子見があるため
今が1番高い時期=「売り時」と言えるでしょう。



みなさんはどうお考えになりますか?



※おうちと土地のことでガンバル不動産に相談したいあなたへ 
ガンバル不動産のメール相談窓口はこちらから!


土地は売らない、人生の舞台を売る 
磐田のガンバル不動産でした。


では!