Javascriptが無効になっているため、正常に表示できない場合があります。
google-site-verification: googlee35ebcd5b7508506.html

トラブルを防ぐ その1   磐田のガンバル不動産

login

BLOG ゼロはじブログ

ゼロはじブログ

不動産知識的なもの

2020年04月06日

トラブルを防ぐ その1   磐田のガンバル不動産

トラブル防止  告知事項

すっきりと晴れました。
きょうもいい一日になりそうです。


さて、ガンバル不動産です。


不動産売買のトラブルに遭遇しないための
方法についてお伝えします!


不動産の売買は、高額取引になりますので、
安心で安全に完了することが望ましいものです。


おかげさまでガンバル不動産は
お客様にご迷惑をかけていないのですが


世間では「不動産売買のトラブル」は
少なくないとお聞きしています。


取引のトラブルが起こる原因は
それなりに理由がありますので
今日はそのへんをシェアします。


普通の人でもここだけでも押さておけば
トラブルを未然に回避できる「イロハのイ」を
お話します。


■不動産売買のトラブルはなぜ多い?


トラブルの原因は


●売買の当事者(売主様、買主様)の勘違い、思い違い、知識不足
●仲介する不動産業者の勘違い、思い違い、確認不足、告知義務違反


の2つの側面があります。


売買の当事者の方はしょうがない部分があります。


なぜなら


不動産の売買は、専門的知識や法律、
取引の慣行が絡む複雑なものですので


商売として不動産の売買をしている人以外
すぐに身につくものではありません。


問題は不動産業者側にあります。


■トラブルの原因


不動産の売買、ほとんど不動産会社に仲介を依頼します。


そのとき、あなたの対応をするのが不動産会社の担当者です。
ガンバル不動産でいうと代表の私です。


不動産業者の仕事は
不動産売買を仲介し、その対価として仲介手数料をいただくことです。


世間では、手数料をいただくことだけを優先し


取引する物件に多少の問題があっても
知らないふりをして、そのまま売ってしまう不動産会社、


「すでに知っているやばい事実」を故意に告げずに
売ろうとする不動産会社が少なくないのです。


「それを先に聞いていたら売買するかどうか迷いそうな事実」を
わざと告げずに取引をすすめることが


トラブルを招きます。


■知っていることは言わなきゃならない義務


不動産業者が不動産を売買する際には
取引する双方に不利になることも含めて
「告知義務」があります。


本当のことを買主に告げると


売主も不動産会社も
売買を妨げる要因になるかもしれないので
あまり言いたくないと思うかもしれません。


たとえば、


古い家を取り壊して土地を売る時に
「その家で孤独死があった」とします。


古い家を壊し、土地だけを売るのですから
その家の中で何が起こったのか、本来関係ない話です。


ですが、


「孤独死があった」という事実を
不動産業者が知っていたなら
取引の相手方に「告知」しなければなりません。


【告知事項】

●物理的瑕疵(かし)…例)土壌汚染がある
●環境的瑕疵(かし)…例)暴力団の事務所が近所にある
●法律的瑕疵(かし)…例)計画道路に入っている
●心理的瑕疵(かし)…例)過去に不審死があった  などです。


■トラブル防止の対策  メモを残す


不動産業者に「告知事項」を説明してもらうことは
法律的に当然の権利ですが


どこまで説明すればいいのか、
不動産業者的にも線引きが難しいところです。


業者さんが「ひょっとしてそこまでは説明しなくてもいいだろう」と思っていたことが
買主には「とても大切なこと」だったりするわけです。


そこで役立つ質問が
「重説や契約書に書いてないことはないですか?」です。


答が有っても無くても、
営業マンの答えをその場でメモを取るようにしてください。


メモの取り方は


●月●日(●曜日)
●時●分
●営業マンの氏名
●答えの内容 です。


メモを取る姿は不動産業者にとってプレッシャーになりますから。


トラブルを防ぐ  あと2回続きます・・・



◆「家や土地の物件情報も大切です。
しかし、もっと大切な情報があるはず!」と
ガンバル不動産はいつも考えています。


◆磐田市福田で暮らしていただくうえで
大切な子育て情報、お役立ち地域情報、不動産の売り方と買い方

おうちの建て方・選び方について
知っていて欲しいことを最優先で発信しています。


※おうちと土地のことでガンバル不動産に相談したいあなたへ

ガンバル不動産のメール相談窓口はこちらから!


土地は売らない、人生の舞台を売る 
磐田のガンバル不動産でした。


では!