Javascriptが無効になっているため、正常に表示できない場合があります。
google-site-verification: googlee35ebcd5b7508506.html

新築と分譲、何が違うのか?2    磐田の土地売買専門店ガンバル不動産

login

BLOG ゼロはじブログ

ゼロはじブログ

おうちづくりのお役立ち

2020年03月22日

新築と分譲、何が違うのか?2    磐田の土地売買専門店ガンバル不動産

新築と分譲建売住宅の違い

薄曇りのなか、優しい朝日が広がっています。
南の福田海岸からは、波が砕ける音がこだましています。


今日もいい一日になりそうです。


さて、ガンバル不動産です。


今日は「新築住宅と分譲住宅の違い」の続きです。

 ※ほとんど忘れていますよね 
 こちからから振り返ってみてください


■新築住宅のジレンマ


新築住宅、とりわけ「注文住宅」に限定して考えてみます。


自分の思い描いた理想的な暮らしをするために
その線に沿って家を建てますよね。


あなたの「あーしたい、こーしたい」
は、すべて建物のコストに跳ね返ります。


ここが、すでに「できあがっている」分譲住宅と
大きく違うところです。


理想を実現し、かつ、お金も予算内に収める。
なかなか両立しないものです。


かといって


「妥協」することにも限界があります。


どうするか?


それは「ムダな注文」をしないことです。


■ムダな注文をしない


注文住宅は


この世にある、ありとあらゆる仕様・材料・建築パートナーを選ぶことができます。



建築基準法に抵触しない範囲であれば
ほとんどのことを自分で選択することができます。


ゼロからつくることができる建物。
つまり、「なんでもOK!」な世界です。


逆を言えば


「なんでもOK!」ということは
選べる要素が無限大にあるわけですから


「選ばなくていけないこと」が
とてつもなく膨大にあるということです。


素材選びだけで人生終わってしまいそうなくらい
実現したい理想に優先順位をつけなければ前に進めません。


それには


実現したい数ある理想の中で「ムダ」と思う軸を決めておきます。


その「ムダ軸」を決めたら
次は「やること」と「捨てること」をはっきりさせましょう。


たとえば


自分にとっての「ムダ軸」は


●床暖房はムダ
●全館空調はムダ
●第三種換気はムダ・・・と思う。


つまり


「将来どうなるかわからないものはムダ」という軸が決まりました。


次に「やること」「捨てること」を
何となくでいいので決めていきます。


●基本的な設備仕様は建築する会社が提案した中から選ぶ
●間取りは要望を伝えて、いくつか提案してもらう
●でてきた間取りを修正していく
●設備はおまかせでいいが、キッチンメーカーは自分で選ぶ
●食洗器はいらない
●洗面と脱衣は別にしたい
●床オークを使いたいが予算次第でパインも可
●外装はガルバリウム鋼板と木を組み合わせる
●ウッドデッキはDIYするが土間コンは施工してほしい
●耐震等級3 省エネ等級4にする


・・・とかいう風に。


■優先順位の付け方

「やること」「捨てること」が何となく決まりました。


この中から実現していく
優先順位付けをしていきますが
どのようにすれば良いの
でしょうか?


「あーしたい、こーしたい」という何となく決めた要望を
すべて紙に書き出します。


ポイントは必ず付箋などに書き出して「記録」を残すこと。
そのうえで、それぞれの要望を家族全員で評価づけします。


評価づけは、【必要】【不要】【わからない】と3段階で評価づけします。


家族それぞれ【必要】という数が多ければ
まさに『ここはやる』
という要素。


家族それぞれ【不要】という数が多ければ
その要望は『捨てる』
要素になります。


【わからない】という要素は
最終的にもう一度評価づけしてみます。


建築パートナーさんに要望を説明するとき
口頭だけでは伝わらない自分の頭の中を
紙に書き出してあれば、理解も早く正しく伝わります。



注文住宅でコストを抑えるために


「ムダ軸」に沿って【不要】な部分をどれだけ

増やすことができるかにかかっています。


【不要】な部分は、できる限り「捨てる」ことで
建築コストを抑えることができます。


■まとめ


こんなかんじで


おうちづくりの初期段階から
建築予算の配分を「話し合って決める時間」を持てることが



注文住宅を建てる人の「最大の醍醐味」です。


ただ


この(面倒くさい)プロセスについて
どうしても実行することができそうもない人は


注文住宅より分譲住宅を選んだほうが
いいかもしれません。



今回もおよそ不動産屋のブログとはかけ離れてしまいました。
ホント、申し訳ございません。


※おうちと土地のことでガンバル不動産に相談したいあなたへ

ガンバル不動産のメール相談窓口はこちらから!


土地は売らない、人生の舞台を売る 
磐田のガンバル不動産でした。


では!