Javascriptが無効になっているため、正常に表示できない場合があります。
google-site-verification: googlee35ebcd5b7508506.html

●●のない暮らし      磐田のガンバル不動産

login

BLOG ゼロはじブログ

ゼロはじブログ

おうちづくりのお役立ち

2020年02月14日

●●のない暮らし      磐田のガンバル不動産
昨日


静岡市まで電車で出かけたのですが
あまりにあたたかすぎて


駅前のベンチで涼んでおりました。



静岡市
   駅前から静岡市美術館前を望む


いま本当に2月なのか? 


本来、一番冷える時期なのに
日本 大丈夫か?


さてガンバル不動産です。
今回はおうちとカーテンの関係についてシェアします。


■カーテンのある暮らし、常識なのか?

カーテンありきで家を考えていませんか?


ほとんどの家は


家の中が外から恥ずかしい格好が
丸見えになってしまうため
窓にカーテンをあつらえます。


でも


カーテンは必ずしも必要なものではありません。


■カーテンが必要悪な5つの理由


●理由その1:光が届かない場所ができる

●理由その2:開放感がなくなってしまう

●理由その3:風が通らなくなる

●理由その4:掃除の手間が増える 

●理由その5:家づくりのコストをアップさせてしまう


■カーテンがいらない家にする


たしかに、カーテンはいらないのかもしれません。


現実はどうか・・・


●土地がそんなに広くない
●窓は可能な限り大きくしたい
●日当たりのいい家にしたい
●散歩している人に覗かれるより安心だ
●隣近所のことまで間取りを考えていない
●いつもそんなにきれいなかっこうしていない
●好きにさせて


実際 そうなんですよね。


やっぱりカーテンは要らないのでしょうけど
現実のおうちでは必要なんです。


■カーテンの必要ない家を考える


カーテンを設置しなくていい家にする方法はあるのか?


●方法1  福田のような田舎に住む
●方法2  福田にあるような広い土地を買う 
●方法3  土地に土を盛って家を建てる
●方法4  道路からリビングが見える位置に目隠し(フェンス・樹木)を設置する
●方法5  リビングが上階のスキップフロア住宅にする
●方法6  外から覗かれないような窓の位置にする
●方法7  リビングの前に奥行のある庇(ひさし)をつける
●方法8  そこに住まない


スキップフロア(BinO)とか
できそうなものもありますが


ちょっと無理ぽいですね、やっぱりカーテン欲しいです。


といっても


昼間から一番日当たりのいい窓に
レースのカーテンをしめておくというのも


もったいない気がします。


一日中 レースのカーテンをみるために
家を建てたのなら別にいいのですが。


■ガンバル不動産の提案


だだっ広い土地を買う以外に


こんなかんじにすれば
邪魔なカーテンを少なくできるかもしれません。


提案1  外構で外からの視線をさえぎるフェンス・樹木を設置する
提案2  窓の位置 高さ 幅 ガラスの透明・型板を考える
提案3  夜だけカーテンをしめる 昼は見えてもしょうがないと割り切る


なんだかなぁ ですが


不動産屋が考えることでないと
おしかりの声が聞こえてきます。


今日はこのへんで失礼します。


(ガンバル不動産の自宅事務所が参考になるかもしれません)



※おうちと土地のことでガンバル不動産に相談したいあなたへ

ガンバル不動産のメール相談窓口はこちらから!


土地は売らない、人生の舞台を売る 
磐田のガンバル不動産でした。


では!