Javascriptが無効になっているため、正常に表示できない場合があります。
google-site-verification: googlee35ebcd5b7508506.html

不動産を売る時     磐田のガンバル不動産

login

BLOG ゼロはじブログ

ゼロはじブログ

不動産の豆知識

2020年01月18日

不動産を売る時     磐田のガンバル不動産

ガンバル不動産  不動産売買

 
磐田市福田はまだ小雨が降り続き、空気がひんやりしています。
受験生の皆様、がんばりましょう!


さてガンバル不動産です。


「不動産の売る時に必要なのはどんなもの?」という
ご相談をいただきましたのでシェアします。


■不動産のご売却に必要なのはどんなもの?

不動産の売却の際に必要なものは以下のものになります。

1、登記済権利証 または登記識別情報

2、実印

3、印鑑証明書 

4、身分証明書(運転免許証など)

5、固定資産税の通知書

6、売却する不動産に関する資料

上記のうち1から4は必ず必要なものになります。


5、6についてはあった方が望ましいですが無くても何とかなります。

■その理由


こんな理由で書類が必要になります。


「登記済権利証」または「登記識別情報」

「登記済権利証」または「登記識別情報」は
売ろとする不動産の権利を証明するもので
「所有者が保有しているだろう」ということです。


その内容には不動産の所在や面積、そして誰が所有しているか
ということが記載されています。


権利証と登記識別情報の2種類ある理由は


もともと不動産の権利をあらわす書類は登記済権利証でしたが、
今から10数年前にIT化の流れで
新しく登記識別情報という書類に変わったからです。


書類の名前が「権利証」であるか「登記識別情報」であるかは、
その不動産を取得した時期によって異なります。


これらの書類は売主の所有権を買主に移転する際に必ず必要となります。


●実印 印鑑証明


「実印と印鑑証明」は所有権を買い手に移転する際の
書類に捺印する印鑑であり、


それがたしかに実印であるかどうかを証明する書類です。


●身分証明書


「身分証明書」は本人確認の際必要となります。
基本的には写真付きの免許証のようなものがベストです。


 ※最近では犯罪収益防止法という法律により、司法書士や銀行以外に私共のような
  不動産業者も確認の上、コピーを取得することが義務付けられています。


●固定資産税納税通知書


「固定資産税納税通知書」は売却する年度に発行されたものが必要となります。
年間税額や税金の清算金計算、評価額確認の際に利用します。


●不動産の資料


売却する「不動産の資料」とは


 一戸建ての場合なら建築確認通知書・検査済証、設備資料等
 土地の場合なら測量図や重要事項説明書、契約書等 
 マンションの場合なら管理規約や総会の議事録等 です。


事前に用意してあれば
売却時買い手様に説明する際の資料として利用できます。

■もし失くしたら不動産は売れないの?


ご安心ください。
上記の書類がもし見当たらなくても不動産を売ることは可能です。

ただし、その場合には別途時間と費用がかかります。


方法については、売買する不動産会社にご相談すれば
司法書士さん、土地家屋調査士さんと連携して対応してくれます。

でも失くさないことが一番です。
しっかり保管しておきましょう。

※おうちと土地のことでガンバル不動産に相談したいあなたへ

ガンバル不動産のメール相談窓口はこちらから!


土地は売らない、人生の舞台を売る 
磐田のガンバル不動産でした。


では!


※これからヤマハスタジアムに参戦してきます 神戸製鋼コベルコ