Javascriptが無効になっているため、正常に表示できない場合があります。
google-site-verification: googlee35ebcd5b7508506.html

土地の買い方がわからない2     磐田袋井掛川のガンバル不動産

login

BLOG ゼロはじブログ

ゼロはじブログ

土地探しのお役立ち

2019年12月22日

土地の買い方がわからない2     磐田袋井掛川のガンバル不動産

土地を買う


■手付金は必要か?


手付金は現金で用意しておいてください。


土地の契約をした時に
手付金が必要だということを知らなくて、
現金をかき集めて支払った・・・。


ガンバル不動産が住宅営業マンだったころは
このようなお客様の声を多く聞いてきました。


そうならないために


土地を購入する時には
ある程度の「現金」が必要だと
いう事を知っておきましょう。


宅建業では土地代金の1割が上限です。


では


せっかくいい土地が見つかったのに
手持ちの現金がまったく無い場合はどうするか?


「買えない?」


手付金の額は「相場」であって
絶対な額はありません。


10万円程度で対応してくれるやさしい不動産屋さんも
けっこうあります。


事前に住宅会社さんを通じて
不動産屋に相談しておいてください。


■土地決済に住宅ローンを利用する時の準備物


土地の残金を住宅ローンで借りる場合には
金融機関に以下の書類を提出する事になります。


●土地の契約書
●土地の重要事項説明書
●土地の登記関係書類
●建物の契約書 もしくは見積書
●建物の平面図・立面図・配置図
●所得証明書
●住民票謄本
●印鑑証明


土地の売買契約書は全く問題なく提出できる思います。
問題なのは建物の契約書です。


住宅ローンは基本的には「住宅」に利用できるローンです。
建物の金額がわからないと融資しません。


金融機関も根拠になる資金計画があって
お金を貸してくれる訳です。


「とりあえず3000万円、目をつぶって貸して下さい」


では、通用しないんです。


■土地を決済するまでに建物詳細を決める


土地を決済するまでにやることは
家づくりをお願いする建築会社を決めなくてはいけません。


土地の決済まで時間がありません。
建築会社とプランをどんどん決めていきます。
プランが決まると見積金額が固まります。


はじめは概算見積りですが
土地+建物+諸経費の大枠予算が出るので
家づくりの合計金額が把握できます。


そのうち、住宅会社さんとおうちの打合せをするなかで
建物の見積りでてきます。


見積りが出て、納得できたら
ようやく建物の「契約」が可能です。


建物の契約が終わって、
ここでようやくすべての書類が整いました。


ここで終わりではありません。


次に住宅ローンの「本審査」をうけて
金融機関から「融資承認」を受けます。


融資承認を受けたらすぐに
金融機関とお金の貸し借りの契約(金銭消費貸借契約)をします。


同時に


土地を「つなぎ」で決済する人は
つなぎの契約も取り交わします。


その後に土地のお金を借りる事ができる。


このような工程を経て、土地の決済の準備ができました。


複雑ではないのですが
けっこうな作業量になります。


(※金融機関によって必要書類は違います)


これを1か月とか2か月で行うので
ここが一番心身ともハードな時期になります。


何千万円というローンです。
マイカーローンのように簡単に借りれませんね。



友だち追加  ←ポチお願いします


※おうちと土地のことでガンバル不動産に相談したいあなたへ

ガンバル不動産のメール相談窓口はこちらから!


土地は売らない、人生の舞台を売る 
磐田のガンバル不動産でした。


では!