Javascriptが無効になっているため、正常に表示できない場合があります。

家づくりの不安3      磐田袋井掛川のガンバル不動産

login

BLOG ゼロはじブログ

お金の話

家づくりの不安3      磐田袋井掛川のガンバル不動産

家づくりの不安  お金 資金計画 

家づくりの不安3      磐田袋井掛川のガンバル不動産

フラット35  いい肉の日  ガンバル不動産

さて、ガンバル不動産です。


きょうは11月29日 いい肉の日 だそうです。


夕ご飯のメニューは「回鍋肉」でした。


冷たい一日で外の作業がありましたので
お腹減ってます。


がっつり食べます。


今日は 「家づくりの不安」の最後です。


家づくりの不安

Case 3:正社員ではなく非正規社員


■非正規社員さんの味方「フラット35」


おうちを建てるときに


正社員さんの人と比べると
非正規社員、契約社員、派遣社員、自営業、パートの人は
金融機関でお金を借りるのはとっても難しいものです。


でも、正社員さんでない人も
ある住宅ローンを使えば
お金を借りておうちを建てることができます。


「そんなローン、あるの?」


あります!


「フラット35」なら雇用形態に関係なく
住宅ローンを申し込めます。


非正規社員さんでも大丈夫、おうちは建てられます!


■フラット35は返済比率を見る


ただし


年収による「返済比率」があります。


ボーナスが支給されない非正規社員さんや契約社員さんの場合は
正社員さんより所得が少なくなることが多いので
満額借入できないかもしれません。


フラット35の返済比率の基準はシンプルで


●400万円未満➡30%
●400万円以上➡35% 


こうなります。


年収が399万円の場合のMAX借入額➡ 3436万円
年収が401万円の場合のMAX借入額➡ 4029万円

*フラット35  元利均等 35年払い 金利A 団信無し 
参考サイト:日本モーゲージサービス


正規だろうと非正規だろうと
年収で2万円違うだけで借入可能額が
593万円も違ってきます。


この差は大きいです。


もし


本人だけの所得で借入額が足りなければ
同居する家族の年収も併せた所得を
返済比率に当てはめて計算します。


でも、


磐田とか袋井、掛川でマイホームを建てるなら
年収400万未満だとしても3400万円も借りられるとするなら
一戸建てが十分建てられますよね。
 

■フラット35は転職間もない人の味方


非正規社員に限らず、正社員でも注意することは
「勤続年数」です。


転職して1年未満と勤続年数が短い場合は
民間金融機関だと審査が通らない可能性も
あります。


フラット35は勤続年数に関する規定はないものの、
それまでの「職歴書」や「退職理由」など提出する必要があります。


正直に紙に書いて出すだけなので
フラット35は救いの神なんです。


さらに


転職して6か月ぐらいの人でおうちを建てたい人がいたとします。


やはり、所得は12か月分の内6か月しかないのですが
フラット35は所得を割り戻しして「みなし年収」で返済比率をはじいてくれます。


たとえば


6か月分の所得を6で割ると月の平均所得が出ます。
この平均所得を12倍します。


これが「みなし所得」になって返済比率の%を掛けます。


平均30万円/6か月
30万×12 =360万 ← みなし年収


年収360万だと30%まで ➡ 3100万円  のMAX借入

*フラット35  元利均等 35年払い 金利A 団信無し 
参考サイト:日本モーゲージサービス


3100万円の借り入れの中でおうちを建てればOKということです。


逆に、これで足りなければ満たす分の所得になるまで我慢するか、
家計を一にする同居人さんの所得を合算して、ちゃっちゃと建てることもできます。


以上 3回に分けて 家づくりの不安 に対するアンサーをシェアしてきました。
少しはご安心できるお話になりましたでしょうかね?


では、明日も最高の一日にいたしましょう!


(たっぷり書いたね~) 


※おうちと土地のことでガンバル不動産に相談したいあなたへ

ガンバル不動産のメール相談窓口はこちらから!


土地は売らない、人生の舞台を売る 
磐田のガンバル不動産でした。


では!