Javascriptが無効になっているため、正常に表示できない場合があります。
google-site-verification: googlee35ebcd5b7508506.html

家づくりの不安2  磐田袋井掛川のガンバル不動産

login

BLOG ゼロはじブログ

ゼロはじブログ

おうちづくりのお役立ち

2019年11月26日

家づくりの不安2  磐田袋井掛川のガンバル不動産
さてさて ガンバル不動産です。


タンスからダウンベストを引っ張り出して着込むほど
空気が冷えた雨交じりの一日でしたね。


予定していた物件調査は中止して
ご依頼のあったお客様の
物件をリサーチをすることにしました。


例の住宅営業マンさんのための
土地付け営業代行「見つける君」ですね。


浜北と袋井、それぞれ10か所ほどリストアップできたので
明日は現地調査に臨みます。


■いい家に住みたい


「いい家に住みたい!」と願うのは誰でも同じです。
「いい家」の定義は様々です。


心がほっこりするような家や
災害に強い家とか
人に威張れる家とか
家族が強い結びつきのできている家とか
お父さんの居場所がある家とか


定義は人によっていろいろです。



■家づくりの不安


「いい家」論をぶつつもりではないのですが
家を建てるときは誰しも不安がつきまといます。


ここをやっつけておかないと
どうにもこうにも先に進みません。

たとえばこんな不安・・・

●年収がちょい低いかも

●自己資金がないかも

●正社員ではなく非正規社員なんだけど



この3つの不安の正体は
「はたして自分にお金が借りられるかどうか」です。


お金がなんとかできるなら、これらの不安は一気に無くなります。
この不安を見事に解決できる方法があるとしたらどうします?


「うそ~ぉ! あるの?」


本当かどうか 3回に分けてシェアします。。。。


ここまでは 先回の話のおさらいです。
その続きからです。


Case 2:頭金が溜まっていない


結論を先に言うと


「頭金がゼロでもローンを組んで家を建つことは可能」です。


●「頭金がないとローンが組めない」
●「ある程度の自己資金を頭金として用意しなくては」


とお考えの方はけっこういらっしゃいます。


そう思う理由は恐らく


かつて皆さんのお父さん世代の家づくりは
自己資金がないと返済がきつかったのです。


ガンバル不動産のおおばが


昭和60年頃 に住宅会社に入社したころの住宅ローンの金利は
今になって思えば「超高金利」でして


●民間8%ぐらい  ←当時 ほとんど使われなかった
●公庫5%ぐらい  ←ほとんどの人が公庫を利用した

※現在のフラット35  35年払い 金利A 団信無しで 金利0.72% 


自己資金を入れないと返済が増えて
なかなか大変だったのです。


その頃のイメージ(伝説)が残っているのかもしれませんね。


■自己資金ゼロのデメリット



ただし


いくら自己資金がゼロと言っても
何でもかんでも借りるのは疑問です。


自己資金ゼロの場合は借入総額が大きくなるため
毎月の返済負担もその分増えることになることに注意しましょう。


※とはいっても 金利が0.6%とか0.7%だもんね~ 借りようかということになりますよね~


また、金融機関によっては頭金の割合に応じて金利を
優遇してくれるところもあります。


自己資金があれば、購入できる土地の選択肢が広がり
余裕のある返済計画と夢のあるおうちを建てることができるので


自己資金があるに越したことはないですよ。



次回は最後の不安にお答えします。



※おうちと土地のことでガンバル不動産に相談したいあなたへ

ガンバル不動産のメール相談窓口はこちらから!


土地は売らない、人生の舞台を売る 
磐田のガンバル不動産でした。


では!