Javascriptが無効になっているため、正常に表示できない場合があります。
google-site-verification: googlee35ebcd5b7508506.html

いつまでに建てるとおトク? 住宅ローン控除   磐田・袋井・掛川のガンバル不動産

login

BLOG ゼロはじブログ

ゼロはじブログ

不動産の豆知識

2019年10月29日

いつまでに建てるとおトク? 住宅ローン控除   磐田・袋井・掛川のガンバル不動産

住宅ローン控除の説明  ガンバル不動産

今日は雨。


土地の下調べをする予定を変更して
積んでいた書籍を読む一日にします。


さてガンバル不動産です。

 

消費税10%


住宅は一足早く今年の4月契約から消費税は10%。
住宅以外は10月に消費税が8%→10%になりました。


2,000万円のおうちにかかる消費税は200万円!
すごい金額です。


これからおうちを建てる人は
たいへんな出費を強いられます。


住宅産業はすそ野が広い産業です。


ガラス・サッシ・石膏ボード・住宅設備・材木・合板・クロス・断熱材・・・
そして、おうちを一軒建てるため何十種類もの業者さんがからみます。


それだけに、おうちを建てる人が少なくなると
日本全体の景気に悪影響を及ぼすわけです。


そうならないように国は事前に対策を打ちました。


■増税ショックの対策


住宅には増税の緩和策は以下の3つです。
 

1 住まい給付金の拡充

2 次世代住宅ポイントの新設

3 住宅ローン控除期間 3年延長して13年間

 ※住宅ローン控除とは?

住宅ローン控除とは、個人が住宅ローンを借りておうちを建てた時に
住宅ローンの年末残高の1%を所得税額から控除する制度です。
初年度に申告すればOK。

※国税庁のHP

https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/1213.htm

 
■注意しておきたいこと


住宅ローン控除で注意して欲しいことがあります。


延長された住宅ローン控除を受けるためには
再来年、つまり令和3年12月までの入居が条件になります。


これを過ぎた平成3年12月31日以降は10年に戻ります。  
(再来年の12月末日まで)


■いつまでにおうちちを建てればいいのか?


スケジュールを逆算して確認しておきます。


3年12月に引越し
   ↑
3年11月に建物完成
   ↑
3年8月に建物の工事開始
   ↑
3年6月に建物の契約&土地の引渡し
   ↑
3年4月までに土地の契約


再来年の11月から12月に建物が完成して
新しい住民票がとれれば
3年延長された住宅ローン控除に
間に合うということです。


まだまだ先なのでほっと安心しましたね。


■土地はいつまでに探す?


困るのは土地が都合よく見つかるものではないことです。
見つかるまでに長ければ数か月~半年ぐらいかかるかもしれません。


ということは


延長された住宅ローン控除を受けるためには
来年令和2年年末ごろから土地を探しはじめて
遅くても翌年令和3年の4月には決まっている必要があります。


 遅くても令和3年の4月までに土地を決める


■まとめ


上で紹介したスケジュールはデッドラインなので
その前に土地だけちゃっちゃと買ってもおいても大丈夫。

いつまでも延長がある訳じゃありません!!
ここは注意しておきましょう。

マイホームを検討されてる方は来年が
少しでもお得に購入できるタイミングかもしれません。

 

※おうちと土地のことでガンバル不動産に相談したいあなたへ

ガンバル不動産のメール相談窓口はこちらから!


土地は売らない、人生の舞台を売る 
磐田のガンバル不動産でした。


では!