Javascriptが無効になっているため、正常に表示できない場合があります。

国道沿いの土地は?  ズバッと解説 ガンバル不動産

login

BLOG ゼロはじブログ

土地探しのポイント

国道沿いの土地は?  ズバッと解説 ガンバル不動産

国道県道沿いの土地のデメリット

今日も少しお勉強です。



今日は道と道路についてです。




土地探しをしていると国道や県道といった
交通量の多い主要幹線沿いの土地に出会うことがあります。


“国道や県道沿いの土地”と聞くと
真っ先に騒音や排気ガス、粉塵などが
気になるという方が多いのではないでしょうか?



国道沿いや県道沿いの土地は、道の道路幅員(巾)や道路が
土地のどの方角に付いているかという条件によって
大きく特性が変わります。


あらかじめ考えられるデメリットを把握しておけば
購入の判断材料にできます。



国道・県道沿いの土地のデメリット


【信号が近くにある場合】

・自宅への駐車が思うようにできないためストレスを感じる
・ブレーキ音や加速によるエンジン音が大きい
・排気ガスやブレーキダストによる建物や洗濯物への汚れ
・信号待ちの車からの視線が気になる


大型車の通行が比較的多い場合】

・走行時の振動が気になることがある
・長期的な振動により建物に影響を与えることも考えられる


【道路が南面にある場合】

・排気ガスやブレーキダストによる建物や洗濯物への汚れ
・人目が気になりやすく、カーテンが閉め切り


周囲に高層建物がある場合】

・音の反響により、防音サッシに変更する必要性も


といったデメリットが予想できます。



また、こんな点ご注意ください。


基本的に国道や県道の側溝には自宅の雨水排水ができません。
道路脇の側溝は道路に落ちた雨水だけを排水する流量で設計されています。


各家庭の建物に落ちた雨水を道路側溝に排水することは、別の申請をして
許可を行政からもらう必要があります。


余計な費用と時間が発生しますが、いたしかたなしですね。



道と土地、しっかり確認して検討してみてください。



ご相談はいつでもガンバル不動産までどうぞ!


磐田のガンバル不動産でした。