Javascriptが無効になっているため、正常に表示できない場合があります。

おうちファースト     磐田市福田の土地売買専門店ガンバル不動産

login

BLOG ゼロはじブログ

おうちファースト

おうちファースト     磐田市福田の土地売買専門店ガンバル不動産

おうちファースト

とろけるような毎日です。



さて、ガンバル不動産です。
とろけないように毎晩 麦ジュース呑んでます。



いえづくりのお悩み第1位.


「住宅会社と土地、どっちを先に探すべき?」にお答えします。


■答えは・・・


土地から探しておうちを建てる人は、必ず建てる業者選びから進めましょう。



土地を購入して新築する方の多くが「まず土地探し!」と言います。
これは危険な道です。


なぜなら


おそらくほとんどの人が住宅ローンを借りて土地やおうちを手に入れます。
住宅ローンは住宅を建てることに対しての融資なので土地だけで組むことはできません。


また、住宅ローンで土地、建物を購入する場合には
住宅会社との契約書が必要となります。


通常の土地取引は、


土地契約後の30日以内に代金授受と引渡しを行います。
これを土地の「決済」と言います。


つまり


土地を契約する時点で住宅会社を決めておかないと
30日後に控えている土地の決済までに
融資が間に合わない可能性がありります。


■土地決済のパータン


この決済をする方法は2パターンあります。


1 先に土地だけローンを組んで決済してローンの返済が始まる
2 土地は住宅ローンを担保に「つなぎ資金(前借り)」で決済する


1の場合は、アパートの家賃と土地のローンの返済がかぶります。


月収がある程度余裕のある人はこちらで大丈夫です。
おうちのことはじっくり詰めていきましょう。


※浜松いわた信用金庫さんはこちらのパターンです。
いわしんのときはちがったのに・・・


2の場合は、土地の契約段階で住宅会社と話がある程度まとまっていることが必要です。
なぜなら、住宅ローンを借りる前提は、土地と建物を同時期に手に入れることです。


住宅ローンの本申し込みの段階で土地の契約書と建物の契約書が必要になるのですが
建物の契約をしない限り契約書がありません。


契約書が無い限り、住宅ローンの融資承認はおりません。
融資承認がない限り、土地のつなぎ資金も前借りできません。


ややこしいですが


簡単に言うと「建物が決まってないと土地の融資もしないよ」ということ。


土地の契約から決済まで日数的に30日はあるので、
ある程度住宅会社が決まっていれば何とか決済に間に合いますね。


※静岡県労働金庫さんはこちらのパターンです。
前借りした分の金利は一番最後にローンの融資金額から天引きされます。
ちゃんとした営業マンなら資金計画でこれを見込んでいます。


■住宅会社を先に決めるメリット



さらに住宅会社を先に決めるメリットは


住宅会社が決まっていれば、土地購入前にその土地をチェックして
建築面でのアドバイスをもらうこともできます。


たまにあったご相談ですが


土地を先に探したのはいいのですが、
土地に予算を掛けすぎて建築予算が確保できず


総予算がオーバーして双方とも不満足な家になってしまうことがありました。


誰のせいでもないのです。


不動産屋は土地を売る仕事で、住宅会社はおうちを売るのが仕事だからです。
それを上手にコーディネートする人と出会わなかったことが失敗でした。


※ガンバル不動産の創業の気持ちはここにありました


まず建てたいおうちを決める、その次に土地を決める。
この順番を間違わないようにしてください。 おうちのことでガンバル不動産に相談したいあなたへ


ガンバル不動産のメール相談窓口はこちらから!


土地は売らない、人生の舞台を売る 
今日も明日もあなたのために

ガンバル不動産でした。


では!