Javascriptが無効になっているため、正常に表示できない場合があります。

買付申込の意味を知っておく      磐田市福田の土地売買専門店ガンバル不動産

login

BLOG ゼロはじブログ

不動産を買うとき

買付申込の意味を知っておく      磐田市福田の土地売買専門店ガンバル不動産

買付証明、買付申込 ガンバル不動産

どんとこい、夏。


体調ばっちり 気合もばっちり 
こっちは還暦前の伸び盛りだ!
負けないぞぉ!


でも蒸し暑いですね。
皆さま、何とか乗り切りましょう。


さて、ガンバル不動産です。



今日は、土地を買うときにつきものの書類「買付証明(申込)」をシェアします。


■買主と売主の権利


買主さんの権利は、物件を購入するかしないか。


これと反対に、売主も条件のよい買主を選ぶ権利と断る権利があります。


買主が「あと10万円値引きしてほしい」とかの申し入れは自由にできます。
一方で売主も「そんなこと言う人には売らない」という権利もあります。


買主は、物件を押さえるため「買主の意志と裏付け」により
「信頼できる買主である」ことを示すしかありまん。


つまり「大丈夫だから」と売主に納得してもらうということです。


しかし不動産の取引は人の心が決めるもの。


何が起こるかわかりません。


ナマモノの不動産の取引ですので、
契約までは油断はできません。


最終的に物件を手に入れるためには
土地の売買契約をしないとなりません。


■物件を押さえる要件


物件を押さえるには


●買主の明確な意志表示と
●資金的な裏付けが必要です。


それが「買付証明(申込書)」であり
融資の事前審査OKです。


買付証明(申込)は通常不動産会社にFAXを入れます。
時刻が印刷されるので、入FAXの順番が把握できます。


その順番が優先順位となるので、1分で泣く人も笑う人もいます。


その意味で「買付証明(申込」を提出することは
土地を手に入れるために、ライバルと一刻を争うとても重要な書類です。


■明確な購入意思とは


まず『確実に購入する』という明確な意志が必要です。
この意志を表示するツールが「買付証明(申込書)」でした。


売主の希望は、物件の資料に書いてあります。
買主の希望は、買付証明(申込書)をもって買い希望の詳細を表明していきます。


これらをもとに、不動産屋が間に入って
双方の希望を擦り合わせていきます。


つまり、法的な拘束力はありませんが、
買付証明(申込書)はほとんど契約への第一歩だと思っておいてください。


「こちらの希望がかなえばその条件で確実に買います」


そう考えると、やたらに提出しまくるものではないということです。
もし提出するなら、事前審査は当然OKにしておいてからです。




磐田袋井掛川の土地のことならご相談ください


ガンバル不動産のメール相談窓口はこちらから!


土地は売らない、人生ドラマの舞台を売る 

今日も明日もあなたのために
ガンバル不動産でした。


では!