Javascriptが無効になっているため、正常に表示できない場合があります。
google-site-verification: googlee35ebcd5b7508506.html

不動産屋の選び方2

login

BLOG ゼロはじブログ

ゼロはじブログ

不動産業界のしくみ

2019年06月06日

不動産屋の選び方2


地域密着型か大手全国対応の不動産屋か
不動産仲介会社には、地域密着型と大手の全国対応の業者があります。

それぞれメリットとデメリットがあるので、確認しましょう。

地域密着型のメリット・デメリット
地域密着型の不動産屋のメリットは、対象物件について詳しく理解していているので、広告に掲載されていない情報を得られることです。たとえば周辺環境や、地元住民しか知らない意外なメリットやデメリットを教えてくれることもあります。

また、地元からの信頼が厚く、売買の条件交渉や手続きをスムーズに進めやすいこともあります。

さらに地元にネットワークがあるので、広告掲載されていない情報も持っていることがあり、条件の合う物件があれば、広告掲載前に紹介してもらえていち早く取引できるケースもあります。

デメリットは、取扱い範囲が狭いので、エリア外になるととたんに対応力が弱くなってしまうことです。

大手全国対応のメリット・デメリット
大手全国対応の業者は、どのようなエリアにも対応しているので、地方などで、近くに頼りになりそうな不動産屋を見つけにくいケースなどでも依頼できます。

また、名が通っているので安心感もあるでしょう。

ただし、こうした不動産会社では営業マンに厳しいノルマが課されていることがあり、強引に契約締結を勧められるケースがあります。また人事異動や辞職者も多いので、担当者が途中で変わる可能性もあり、対応がビジネスライクできめ細かいサポートを受けにくい傾向があります。

地域密着型の不動産業者を選ぶべき場合
家を探したい地域が決まっているときには、長年地元で営業していて地元からの信頼の厚い中小の地域密着型の不動産屋にも相談してみることをお勧めします。

大手全国対応の不動産業者を選ぶべき場合
地方などで近くに優良な不動産業者を見つけられないときや、複数の県にまたがって家を探したいときには、大手の不動産会社に相談してみましょう。

お勧めは、まずは両方に相談してみること
実際にはどちらが合うかわからないことも多いので、仲介契約を締結する前に、地域密着型の業者と大手全国対応の業者の両方に相談してみてから決めることをお勧めします。

それぞれの特徴を把握して、自分の好みに合う業者を選びましょう。