Javascriptが無効になっているため、正常に表示できない場合があります。

覚悟の住宅ローン選び2   ズバッとわかる ガンバル不動産

login

BLOG ゼロはじブログ

お金の話

覚悟の住宅ローン選び2   ズバッとわかる ガンバル不動産

住宅ローンの融資手数料と保証料を忘れない

夜に小雨が降って、芝生の水やりが節約できました。
ここ数日で芝生の緑がめっきり濃くなった気がします。

GWに東京から孫さんが帰ってくるので、
その孫と思いっきりボール遊びができそうです、妻が。
(じいじはちょっと無理)


昨日の復習を一旦しておきましょう。



住宅ローン編に突入してからは、



●住宅ローンをしっかり選べば
 家計の負担が減る

●住宅ローンは金利を比較して
 より低いものを選ぼう



「金利が0.5%違うだけで、
 総額で243万も差がつく」


そんな例も挙げましたよ。



『金利比較は大事』だと

わかってもらえたと思うのですが、
実は気にするべきは金利だけではありません。


まだチェックすべきことあるのです!


では、
金利のほかに何をチェックすればいいのでしょうか?



==================

住宅ローン比較で見るべきは金利だけじゃない!?

==================


金利比較さえすればいいと思っていた人へ
思わぬ落とし穴がありました。



それが、


●事務手数料
●保証料


の2つでした。



どういうことか?


ひとつずつ説明していきます。



~~~~~~~~~~~~~~~~
事務手数料
~~~~~~~~~~~~~~~~


事務手数料とは、

住宅ローンを組むときに
銀行に払う手数料です。


この手数料が、銀行によって違います。



金融機関によって3~5万円だったけ、
ネット銀行だと借入額の2%かかったりするそうです。
ちなみに2000万円の借入をすると40万円ですね。



いくら金利が安くてルンルン気分でいても、
事務手数料をガッツリチャージされたら
萎えますよね。



事務手数料がいくらかかるのか?



金利と合わせて比較をするようにしましょう。


~~~~~~~~~~~~~~~~
保証料
~~~~~~~~~~~~~~~~


保証料は、住宅ローンの借主に
もしものとこがあったとき

保証会社がローン残債を
銀行に立て替えて払ってくれるという
保証してくれるものです。


ポイントは立て替えて払うだけなので、


ローンがチャラになるわけではなく
払う先が金融機関から保証会社に移っただけ。



親世代よりもっとずっと昔は、
保証人を立てるのが当たり前だったかもしれませんが、
今では怖くて誰もなりませんよね。

親兄弟でもなる人はひとりもいません。


住宅ローンを借りる人が
自分で保証会社に保証してもらう代償として
お金を払うんです。



で!



保証料も銀行によって違うし、
借主の信用情報によっても変わってきます。


たとえば



JA大井川さんの場合だと
2,000万円 35年払いでローンを借りた時の保証料は
一律ではありません。


過去と現在の借主さんの状況から
最低213,871円~最高438,840円


とまぁ、なんと2倍くらいの開きがあります。



かたや保証料0円の静岡県労働金庫もあります。



保証料も含めてどの住宅ローンにするか決めたいですね。



住宅ローン比較をするときには、
金利だけでなく、



●事務手数料
●保証料


もチェックして、総額で比較をするようにしましょう。



では、また今度(^^)/